willow-leaf log

ひっそりこそり

2020年、よかった作品

毎年恒例の今年よかった作品の一覧を載せていく記事です。書き出してみたら案外いろんなものを摂取していたのだとわかりました。来年もそういう年でありたいです。

ではでは発表です。

【書籍】
ここは今から倫理です
さよならミニスカート
リエゾン
フラジャイル
水は海に向かって流れる
鬼滅の刃
アスペル・カノジョ
夫のちんぽが入らない
コウノドリ
アル中ワンダーランド
まちカドまぞく
娘の友達
棺担ぎのクロ
性別「モナリザ」の君へ
無能なナナ
ご注文はうさぎですか?
ステラのまほう
違国日記
少女終末旅行
あそびあそばせ
綿谷さんの友だち
邦キチ!映子さん
あせとせっけん
うそつきパラドクス
あそびあい
えーえんとくちから
母の愛、僕のラブ
稀風社の水辺
予言
自殺・自傷のことがわかる本
よくわかるアサーション


【アニメ】
イエスタデイをうたって
まちカドまぞく


【映画】
ラブ・アクチュアリー
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
アカルイミライ
犬猿
愛しのアイリーン
きみはいい子
羊の木
オール・ユー・ニード・イズ・キル
僕はイエス様が嫌い
カルト
タクシー運転手
コクソン
トランスポーター
ノスタルジア
ハッピー・デス・デイ
仄暗い水の底から
冷たい熱帯魚
沈黙
盲目のキリスト
ダンサー・イン・ザダーク
そこのみにて光り輝く
ベン・ハー
八日目の蝉
汚れなき悪戯
教誨師
タクシードライバー
悪人
生きてるだけで、愛


【ドラマ】
アンナチュラ


【音楽】
90年代〜10年代の作品を中心にSpotifyでランダムに聴いていました。一番聴いたのはFREEDOM。あっあと、初音ミクも聴いてました。


2020年はこんな感じでした。それではみなさま、良いお年を。

短歌歌集を作りました

2018〜2020年の短歌活動のまとめとして、短歌歌集を作りました。賞に応募した作品、合同誌に寄稿した作品や、自選50首などが収録されています。

 

作品へのリンクはこちらです。

yanagihatei.booth.pm

 

短歌活動自体はこれからもやっていくつもりなので、長い目で見守ってくださるととても嬉しいです。

 

告知でした。

2020年9月と10月の短歌

どうしようもなく春の若葉にはさまざまなものがかけられました


人間の水銀の音に比べれば鋏のそれは鈍くて重い


スケジュール帳には書いてないけれどこれから先も生きると思う


もういない人たちみんなきらいだな小枝にとまる鳥のぐらつき


すくすくと育っていくよ子供たちプール開きに反射する青


ゆっくりとチラシで箱を折っていく手にしたものは全部嘘だよ


ありふれなかったものから消えていきミニサボテンがラックに残る


雪道を振り返らずに歩いてくコートを脱げる春を求めて


運命の至る道筋さがしてるパンくずリストの深く深くへ


青空をはるかにこえた風船が割れるところを見たことがない


転職し年収半減した人の400万はどこにいったの


雨の中過ぎ去っていくポストにも祈りはきっと折り重なって


さよならは挨拶じゃなく感情でだから手を振るめっちゃ手を振る


公開をしてもよくなったから流される日誌に書かれてること


もういないかみさまいなくなったから人々たちに祈られている

 

2020年8月の短歌

寝たいときすぐに寝ているあの人はとても正直者なのだろう


信じるな 冬の光はすぐそこに熱源として蝋燭を持て


ゆっくりと息を吸い込み吐き出してやっと生きてる心地になった


やさしさのオブラートに包まれた言葉を飲み込み胃が痛くなる


赤色と青色が溶け混じりあう紫色の夕日やさしく


路地裏のいつもの場所の紫陽花をひさしぶりに見かけた気がした


遅すぎたことが早すぎることはなく雪はしずかに積もりつつある


日誌にはそう書いてあるはずだったひかりかかえて暮れてゆく旅


数センチ先に待ってる死のために今日も右からズボンをはいた


人が少しずつ砂へとなる海で青い破片を探して歩く


文字を書ける人すごいなあと思うガラスペンに波のような青


台風が来なかった夏すずしいと来年は覚えてるだろうか

 

2020年7月の短歌

そんなんでいいのと何度もくり返す人のため光れよ太陽


大切なものなんか目に見えなくてシンクに水は満たされていく


水晶に肺が侵されてた頃はささやかな嘘も言えなかった


トンネルをくぐり抜けたさき果てなく灰 生きるって最高だった


裏返しで着てるTシャツのタグをそっと触れて知らせるやさしさ


そんなことが出来ないので死んでいく色あせていくリスポン地点


息を止め手を伸ばしてはみたけれど届かなかった届かなかった


いなくなったひとならもういないひと風ではためくワイシャツの裾


自らを傷つけるため炭酸をえいと飲みほす喉が弾ける


パラライズノックスマシン起動して液化していく推理空間


二度と選ばないということは不可能で視界に入るペン回し


コンビニからの帰途で見上げた空ものすごい勢いで明けていく


ものすごい勢いで明けていく空とディスプレイを見続ける俺

 

最近やってるスマホゲーム4

約半年前に最近やってるソシャゲ(スマホゲーム)の忘備録を書きました。

 

willow-leaf.hatenadiary.jp

 

またまた最近やってるスマホゲームについて書いていこうと思います。今回はソシャゲ以外もやってるのでタイトルはスマホゲームになってます。

 

1.シノアリス

 最近は毎月15日と30日はシノアリスの日ということになっていていろんなミッションがあったりログインボーナスで石をもらえたりします。ガチャチケットをミッション達成で300枚集めるとSSレア1つ確定のガチャができるのがありがたいです。

 運営しているギルドはありがたいことに1年以上も続いています。メンバーの変遷はありつつも、メインのコミュニケーションがスタンプの、わりと静かなまったりギルドで居心地がいいです。最近は体調不良が続いてあまりコロシアムには出られていませんが、グラコロくらいは毎回出たいなあ……。今後の課題ですね

 

2.メギド72

 ソシャゲとは年月の経過でインフレを徐々に起こしていくものですが、その点このゲームは霊宝という装備アイテムや新しい戦術で対処しているようです。しばらくお休みしている間に、点穴以外にもいろんな戦術が増えてる!協奏って何!?状態です。余裕があるときに公式サイトや攻略wikiを見て調べておきたいです。

 メインのクエストは芋虫と強いおじさんが出てくるところで止まってます。劣化フォトンというのが出てきて、なかなかこれだ!という攻略法を編みだせないでいます。レベル70まで強化したキャラはいろいろいるのでそろそろ攻略法を編み出したいところですね。

 

3.プリコネ

 フォロワーさんのクランでフォロワーさんたちとまったりクランバトルをやっています20000位台にいます。プリコネは攻略サイトはあまり見ないでやっているので、とりあえずその時の強いキャラを編成して出しています。あと、クランメンバーのサポートキャラも重宝しています。

 プリコネは赤ちゃんになってオギャるシナリオが話題になっていますが、私はシナリオは読まないでひたすらキャラの強化をしています。女の子が強くなって育っていくのを楽しむ盆栽としてプリコネをプレイしています。シナリオを読むのはカロリーが高くて今の私には負荷が高いので……。そのうち全部読みたいなあ。

 ☆6まで育ったキャラが3人いてなかなか達成感があります。プレイヤーレベルも130超えましたし、毎日まったり育成やミッションをこなすだけで半年でこのくらいまで行けるようです。

 

4.Sky

 空を飛べるゲームは名作なのでこのゲームも名作です。今までやってたソシャゲはフィールド内を動き回るということがなかったので、Skyをやってると、いろんなフィールドを自由に動き回りたいという欲望が昇華されていく快感があります。不思議で謎めいたきれいな画面を動き回る、快感です。

 ゲーム内には同じくゲームをプレイしている他のプレイヤーもいて、そのプレイヤーと力を合わせて道を開いていくような場所もあります。他のプレーヤーもゲーム内にはいるのですが、チャットなど言語でコミュニケーションするのではなく、呼び合ったり、身体コミュニケーションなどで交流できたりします。言葉というよりはエモでのコミュニケーションです。

 まだ始めたばかりなのですが、精霊を全員見つけるなどのコンプ要素もあり、その精霊は色んな場所に潜んでいるので探検のしがいがありそうです。

 スマホだけでも操作できるのですが、アクション要素あるゲームヘタクソ太郎なのでコントローラーを買いました。きれいな画面を堪能したいしね。コントローラーは、スマホに対応しているやつならAndroidスマホでも問題なく使えます。スマホ操作よりも快適に操作できるのでいい感じです。

 

最近はそんな感じです。

2020年6月の短歌

流れてく風の色さえ忘れ去りキャッチボールはほど遠くなる

 

たぶんそうなんじゃないかと思ってた影踏み抜けばおとなブロイラー

 

薄暗い道をずっと歩くからビタミンAをめっちゃ摂ってる

 

誰も待っていない駅のひび割れた椅子の落書きの赤あざやか

 

素因数分解された雷の紫だけでできたワイシャツ

 

ありえない初夏の中にいる人はかつての幸せを祈っている