willow-leaf log

ひっそりこそり

短歌

もなぎはいちごつみまとめ vol.1

モさんと短歌のいちごつみをX上でしています。この前、それをまとめてネットプリントで公開していました。 モ(@Estlifeb)さんとのいちごつみをネットプリントで発表します。ネットワークプリントサービスが利用できるコンビニに行く(ローソン、ファミマなど)…

短歌研究新人賞に応募した作品

短歌研究新人賞に応募してました。 短歌研究新人賞で予選通過作として2首掲載されてました。寝落ちしてイヤホンから聞こえてくるあなたの呼吸のぬくい湿度そうすべてはうつろいゆくものだから煙とともに吐く息の白/柳葉 了 pic.twitter.com/SQeNJnYEc8 — ヤ…

2022短歌まとめ

2022年にTwitterなどで発表した短歌のまとめを書いておきます。 " data-en-clipboard="true">部屋にいた羽虫を素手で潰すときじっと見ていた誰かの視線 " data-en-clipboard="true"> 確実にキャラが死んじゃう広告を死ぬ前に消すときの指先 目の前を死の質感…

2021短歌まとめ

またねとは祈りでもある鉄柵を超えた迷惑の中にある眼 ここでもがいていくしかないらしいあの自転車を見てご覧なさい 夏はもうとうの昔に過ぎたけど三ツ矢サイダー意外とうまい コンビニはいつでも同じ味がして救われてる?救われてるのか? 空中を低空飛行…

短歌歌集を作りました

2018〜2020年の短歌活動のまとめとして、短歌歌集を作りました。賞に応募した作品、合同誌に寄稿した作品や、自選50首などが収録されています。 作品へのリンクはこちらです。 yanagihatei.booth.pm 短歌活動自体はこれからもやっていくつもりなので、長い目…

2020年9月と10月の短歌

どうしようもなく春の若葉にはさまざまなものがかけられました 人間の水銀の音に比べれば鋏のそれは鈍くて重い スケジュール帳には書いてないけれどこれから先も生きると思う もういない人たちみんなきらいだな小枝にとまる鳥のぐらつき すくすくと育ってい…

2020年8月の短歌

寝たいときすぐに寝ているあの人はとても正直者なのだろう 信じるな 冬の光はすぐそこに熱源として蝋燭を持て ゆっくりと息を吸い込み吐き出してやっと生きてる心地になった やさしさのオブラートに包まれた言葉を飲み込み胃が痛くなる 赤色と青色が溶け混じ…

2020年7月の短歌

そんなんでいいのと何度もくり返す人のため光れよ太陽 大切なものなんか目に見えなくてシンクに水は満たされていく 水晶に肺が侵されてた頃はささやかな嘘も言えなかった トンネルをくぐり抜けたさき果てなく灰 生きるって最高だった 裏返しで着てるTシャツ…

2020年6月の短歌

流れてく風の色さえ忘れ去りキャッチボールはほど遠くなる たぶんそうなんじゃないかと思ってた影踏み抜けばおとなブロイラー 薄暗い道をずっと歩くからビタミンAをめっちゃ摂ってる 誰も待っていない駅のひび割れた椅子の落書きの赤あざやか 素因数分解され…

いちごつみまとめ第四期

荒地識(Twitter→@arechishiki)さんと短歌でいちごつみをやりました。下の記事が第三期へのリンクになっています。 willow-leaf.hatenadiary.jp 50首になったので、一区切りをつけていちごつみ第四期としてブログに公開することにしました。ネットプリントと…

2020年5月の短歌

たいせつなひとから順に消えてゆく遮光板持ち光を覗く ひそかに差し込み印刷されている自殺の文字に誰も気づかず にんげんはおしゃべりだから話さないあのね神様祈りを聞いて 生きている人は死ぬのが嫌らしい 薄氷の上でするスケート 友だちを友だちだって言…

4月の短歌とか

いろんな実 種類があって 痛いなあたとえばこれはトゲトゲあるし わからないものは忘れたことにして蜘蛛の巣がある小路を歩く コロッケにめんつゆをかけさっぱりとするわけねーよ衣をはがせ 嫌ならば嫌と言ってもいいらしい紅茶に溶ける砂糖の触手 通りには…

2020年3月の短歌

同じ人ばかりを写す鏡にはどうやら自我が芽生えたらしい 親密な態度になりたい 親密な人に振る舞う態度って何 友達とどんな話をしてるのか知りたくなって聞いてみる夜 ありふれた今日の痛みは水溶性だったらいいな風呂へと向かう ニラレバのニラとレバーを食…

2020年2月の短歌

ああなんだ、生きてたんだと言われたいテラリウムほらすくすく育つ もう歳をとらない人の誕生日ブルーのラインあざやかに引く オブラート包んで飲んだ粉薬 ブルーの光 そう、満ちていく あのドアはトイレみたいな音がして幽霊のせいと思われてる

2020年1月の短歌

たいせつをおたがい壊しあった夜のぬるいライチもあんがいうまい 夏生まれになりたかった通学路 雪だるまみな蹴飛ばし歩く 引き抜いたジェンガを重ねぼくたちは上へと登る 「さようなら」 壊 かみさまとわたしがたどる直線は果ての果てまで平行でした 皮肉に…

12月の短歌と川柳

灰色の観覧車から見える空さよならの色いつでも同じ たましいをひとりで抱えられなくてどろどろ出てるみっともないな 人間と関係しなきゃ暴かれることはなかった海岸がある たすけてをミキサーに入れ粉砕し さわやかに外していったあの魔球 去年は毎月作った…

いちごつみまとめ第三期

荒地識さんといちごつみをやりました。下記の記事が第二期へのリンクになっています。 willow-leaf.hatenadiary.jp 61首になったので、一区切りをつけていちごつみ第三期としてブログに公開することにしました。 2019/08/28にはじまって2019/12/01にまでやっ…

11月の短歌と川柳

致死性の救いを求めコーヒーに多く砂糖を入れる日曜 放置した炊飯器の蓋開けて過去の自分と直面すべきか そのように言ったら溶けてしまうかも オブラート一枚の隔たり まばたきの夢だとしてもうれしくて道端の鳩かがやきは白 一番じゃなきゃだめですと言う人…

題詠100その2

2019-021:スタイル:お互いのスタイル保ちお互いに支え合いつつ生きていきたい 2019-022:酷:君の苦しみなんてステーキナイフで残酷に切り刻んでやる 2019-023:あんぱん:もふもふとあんぱん食べる時は過ぎ長い愛の時代はこれから 2019-024:猪:考えが流星みたく…

10月の短歌

私だけ誘われていないお誕生日パーティーがたくさんある夢 そのような人になろうと思うこと雪に埋もれる灰色の道 誘蛾灯 惹き寄せられた虫たちはそうするしかなかったのだろう 脱皮した蝉の抜け殻すりつぶすかつてはあったそのような時期 遺伝子に刻み込まれ…

題詠100その1

nomaiga.exblog.jp こちらのお題をお借りしてブログで題詠100をやっていこうと思います。2019年12月31日までに完走することを目標にします。20首できたらブログにアップって感じにしていこうかと思います。 2019-001:我:「このおでん、我が作ったものである…

9月の短歌と川柳

川柳も今月からはじめてみました。まだ初心者!!ですがなかなか楽しいです。 -短歌- 即効でかかるデバフは失礼でいつも時間を知らせずに来る 兵隊の人形たちを並べてくこわれたものはいつも目の前 たいせつなものなんか目に見えなくて部屋の埃の色だけがあ…

8月の短歌

シナプスが電子に変わる夢を見たしょうがないだろ人間だもの そのような愛はあなたの健康を害する可能性があります 核兵器を正しく使う 先生は花丸の100点をくれる しあわせのペースメーカー組み込まれ世界平和は成就しました 地球儀は1回転して朝が来る誰の…

いちごつみまとめ第二期

荒地識さんと再び短歌でいちごつみをやりました。下記の記事がいちごつみの第一期です。いちごつみについての簡単な解説も下記の記事に載っています。 willow-leaf.hatenadiary.jp 52首になったのでまた一区切りをつけていちごつみ第二期としてブログに公開…

7月の短歌

水玉のことをぼつぼつと呼ぶ君が着てるシャツはしましまだった 水槽にゆっくりつもる残骸はろ過装置でも取りのぞけない 目の前に暗い帳が下りてきて野菜炒めを塩辛くする 輪の中はエコシステムが完璧で仲間に入れてさえも言えない 生きてるも死ぬも迷惑らし…

6月の短歌

エピローグの語りなんかほっといて夕日の果ての船に乗ろうよ Loveの実を砂糖とともに煮詰めたら焦がしてしまってほんのり苦い 澱んでる時さえ洗い流す雨祈りのように忘れちまえよ 画面には「ERROR!」の文字が表示され窒息死する愛が欲しいよ 幸福は私の一歩…

フォロワーで短歌作ったin2019

たこカアカウント(@takoyaki_i_can)でいいねしたひとに短歌を作るのを今年もやりました。いいねしてくれた人たちありがとうございます。 締め切り後にいいねくれた人もいましたが来年もたぶんやるのでまたの機会によろしくお願いします。 コーヒーに入れる砂…

2019年5月の短歌

シュレッターミスプリントをさあお食べお前はいい子喋らないから 職場にて隣の席の空白を言わないことで誇りを保つ こぼしたら拭いても残るシロップの暴力的に甘えさせてよ 叶わない忘れ去られた祈りたち青を見たとき思い出すのだ 完全に理解をしたら輪郭が…

2019年4月の短歌

生きて出会えたことに感謝するなんて 車窓の暗闇を見据える あざやかなスキップ決めたあの夏は水溶性で海に溶けゆく 大丈夫息を深めに吐いてみて雨に濡れた地面は優しい アンバランス・デイ やじろべえの日々よふらふらと揺れながら続け 駄菓子屋のラムネみ…

いちごつみまとめ

荒地識さんといちごつみという短歌でやり取りをするのをやってました。 いちごつみというのは前の人の短歌の中から1語取って、次にそれを含んだ短歌を作るというのを繰り返し、リレーにしていくというものです。 12月15日から#シキヤナギというタグをつけてT…